読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手にサバイバルゲームフィールド普及委員会

サバイバルゲームがより身近になり、フィールドやミリタリーショップが全国津々浦々にできるよう業界を応援します。PCサイトでは県別フィールドの検索ができます。

暑さとどう付き合うか

早いもので、7月ですね。

 

皆さん、サバゲーライフをエンジョイしてますか?

 

日に日に暑さが増してきましたね。

 

私は6月の初旬にCIMAXさんに行ったきりですが、

その時でさえ、暑さが厳しく、家に帰ると汗疹が

胸と肩にかけてできていて、びっくりしました。

 

ゴルフのような軽快なスポーツでさえも、夏場は

暑さとの戦いだというのに、サバゲーにいたっては

本当に暑さとの戦いですね。

 

もちろん、ゴルフに比べ日陰に入っている時間は

長いにしても、ゴルフは、(ドレスコードを外さなければ)

半袖・短パンでOKですし、ゴーグルも必要ありません。

 

それに比べ、サバゲーは、怪我を極力防止しようと思うと、

厚手の長袖・長ズボン、フェイスガード、重い装備等々、

およそ夏服とはいえない格好で1日戦うわけですから、

過酷ですね。

 

自衛隊の皆様、本当に尊敬致します。

 

フィールド運営者の方々にとっても、暑すぎる夏は、

頭痛の種かと思いますが、この暑さばかりは、人間の

手ではどうすることもできない。

 

インドアなら、クーラーを入れることも物理的には

不可能ではないでしょうけれども、電気代がかかり

過ぎて現実的ではないでしょうね。

 

そうなると、熱や湿気を逃がす高機能ウェアや、汗に

反応して冷やすスプレー、キャメルバッグなど文明の

利器を最大限活用してのサバゲー参加になるでしょう。

 

それでもどうしようもない暑さの場合には..。これは、

もうサバゲーをしないという選択肢しかないわけで、

そうなると大変なのが、サバゲーフィールドを運営して

いらっしゃる方々ですよね。

 

そこで、私からの御提案は、いっそ、オンシーズンと

オフシーズンで料金を変えてみるというのは、いかが

でしょうか。

 

「まあ、安いところにお客さんが流れてしまう」という

心配もあるかと思いますので、これは談合しかないのですが..。

 

オンシーズンには、今までよりちょっと多めに払ってもらう。

その代わり、オフシーズン(というか過酷なシーズン)には、

思いっきり安くして(或いは特別なサービスを提供して)

楽しんでもらう。

 

そういう取り組みがあっても良いのではないかな、と思います。

 

もちろん、年中楽しみたいという特別なユーザーの方には、

3ヶ月~1年間のパスポートを用意して一括前払いして戴く。

その代わり、1回あたりの金額を、かなり割り引くといった

料金体系も良いのではないかと思います。

 

とにかく、我々サバゲーマーにとっては、業界の健全な発展なくして、安心してサバゲーを楽しむことは出来ませんので、良い関係を築けるよう協力し合うことが大切ですね。

 

 

ミリタリー ブログランキングへ

 

サバイバルゲーム ブログランキングへ